スポンサーサイト

  • 2010.09.09 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


東北に行った

磐梯山

サンシャイン HiGE

評価:
HiGE
ビクターエンタテインメント
¥ 3,045
(2010-07-14)
コメント:歌詞がすてき

JUGEMテーマ:音楽

HiGE!ACの読書しようみたいなCMの曲「たいよーうがきみをてらしたーあおくはれたそーらー」 の
青空からはじまる
いい歌だなぁ!

奥田民生プロデュースのサンシャインものんびりしたいいメロディー

テキーラテキーラ!はライブではじめて聴いたときいい!ておもったけどやっぱりよかった
歌詞がすごくいい〜


・ミラーボールから悪魔の子守唄

・僕は昨日の僕の生まれ変わりさ

・一瞬の刹那から永遠に眠るまで
例え幻でもいいさ

・最終のバス停から次の夜明けまで
誰が神様でもいいさ


あと友達も言ってたけど
べびべびほーほーらららーってあたまからはなれなくなる


MUSIC

評価:
フジファブリック
SMAR
¥ 2,870
(2010-07-28)
コメント:フジファブリックすきです

JUGEMテーマ:フジファブリック

一曲目のMUSICからすごくいいなと思った。
イントロが好きだなと思った。
遊び半分できみをとおせんぼー

フジファブリックの曲は自分の琴線にふれる

HELLOもBYEーBYEも、きみは僕じゃないのにも志村の歌詞は女々しいけど、うそがなくて
逡巡してるとこがにんげんぽくてすきです。

 

富士山

7月に富士フジフジQで富士急に行って
モニター越しには富士山がみれたんだけど肉眼ではよく見えなくて
7月から8月にかけて富士日記読んですごくいいなあと思って
最近図書館から借りてきた本が連続で三冊も偶然富士日記のことを書いていて(びっくりした)(中野翠・妖しい本棚/角田光代・私たちには物語がある/29歳・アンソロジー/)
そして今度静岡に行くことになった
なんだか縁があるみたいだから富士山見たい!みたいなあ
でも夏だからなかなかみえないかなあ

8月の読書メーター

 2010年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2344ページ

■京都怪談 おじゃみ (幽BOOKS)
京言葉はこわい
読了日:08月29日 著者:神狛しず
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7417366

■遊覧日記 (ちくま文庫)
除夜の鐘ってつけるんだ!ついてみたい!人間観察すごい。
読了日:08月21日 著者:武田 百合子,武田 花
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7302166

■シンプルノットローファー
高校生いいなあ!って思う。帰り道友達見かけて一緒に帰るとかそんな細かいことも、大人になってからないからなんかうらやましい。読後さわやかで少しさみしい。もう戻れないとか思って。
でも大人もけっこういいけど
衿沢さんの漫画はいつもなんかいい。
読了日:08月18日 著者:衿沢 世衣子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7265301

■望潮
キリンジのお兄ちゃんの方が面白かったと言っていたので。
読みやすい文章だ〜。水をくれぇ、という話が怖ー。怖いだけでなくなぜか可笑しい。でもその可笑さも一瞬ふっと怖くなるみたいな。


読了日:08月17日 著者:村田 喜代子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7253633

■ギャグマンガ日和 11 増田こうすけ劇場 (ジャンプコミックス)
漫画家の話好き
読了日:08月15日 著者:増田 こうすけ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7221195

■日日雑記 (中公文庫)
食堂のサンプル(いなりきしめんセットとか)をみていて、あの世にはこういう賑やかさはないだろうな、こういうごたごたしたとこでもうしばらく生きていたい!てのいい。大岡昇平への追悼文もよかった。最後に映画をみながら、夫婦っていいなあという言葉で終わるのがせつない。富士日記を読んで夫婦いいなーと思ったから
読了日:08月04日 著者:武田 百合子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7089559

■富士日記〈下〉 (中公文庫)
図書館の本だから早く読まないとと毎日熱中して読んでいたから、最後かなしくなった。帰る家があってうれしい、話をきいてくれる男がいるってうれしいと書いていたのがかわいい。武田泰淳のぶきようなところも。武田百合子は泰淳の死に際し「みんな、ピラニアに食われて死んでしまえ!」と言ったとネットで見た。

読了日:08月02日 著者:武田 百合子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7064983

■富士日記〈中〉 (中公文庫)
頻繁に食べてるふかしパンてなんだろう。むしパンかな。おいしそう。大岡婦人のあまりの美しさに、感動したときには運動で現すことにしてるからとひとりで万歳三唱したっていうのが最高
読了日:08月01日 著者:武田 百合子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7049129


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/


富士日記

評価:
武田 百合子
中央公論社
¥ 980
(1997-04)
コメント:日記文学の傑作

武田百合子の富士日記がとても良かった
作家の武田泰淳の妻武田百合子が富士山の近くの別荘で書きつづけた日記
武田泰淳が亡くならなければ世にでることがなかったなんて…
他人に読ませるつもりで書いてないところがいいのかな、とも思う

毎日のご飯、買ったものが羅列されている。 ハイライトが90円だ。コンビーフばっかりたべてるなあ。ふかしぱんと手作りクッキーてどんなだろう。おいしそうだなあ、と思う。

朝御飯の卵の中華炒めに感動して「このおいしさ!庭の眺めのすばらしさ!」
武田百合子ってかわいい

大岡昇平の奥さんの美人加減に感動して、「感動したときは運動で表すことにしてるから」と一人でバンザイ三唱したっていうのもよくわかんないけどかわいい

夏の終わりがさみしいと言った百合子が泰淳にさみしいなんて言っちゃいけない!と言われて、いつもなら何かたべて忘れろとかいってくれるのに〜といじけるのがかわいい。少女みたいだ

乱暴な運転してきた車にバカヤローて叫んで武田泰淳と喧嘩して、頭に来てめちゃくちゃな運転して帰って、松茸ごはん四杯ももりもり食べるの面白い
でもそのあとバカヤローて言いたくなっても夫に怒られるからとがまんしてたりする

地域の人の描写も、面白いし素直な感じだ。
武田泰淳が、日記に反省は書かなくていい、反省すると人はずるくなるから(なんかわかるような)というのをちゃんと守ってる。その分観察力がすごい。写真できりとってきたみたいな

泰淳の、具合が悪いときに病院に行こうと言う百合子に「このままでいさせろよ!」と言ったあと百合子の髪をなでたりするのが、不器用で胸にくる

最後は泣きながら読み進めた

「三人で病室に住もうよ!」と明るくいう百合子がせつない

「帰る家があってうれしい、その家の中に話を聞いてくれる男がいてうれしい」て書いてあったのをみて夫婦っていいなーと思った

あと富士山見たくなった

サンシャインクリーニング

評価:
メーガン・ホーリー
ポニーキャニオン
¥ 3,264
(2010-03-03)
コメント:姉妹役のふたり顔が似てる

サンシャインクリーニングという映画をみた
だめな姉妹が自殺したひとの家の清掃とかする話
自分もだめだからなんか身につまされてしまった。
「そんなやつらよりお姉ちゃんのほう上等よ!」みたいなセリフ。そうだそうだ!てなるくらい感情移入
リトルミスサンシャインと同じスタッフていうから借りてみたけどリトルミスサンシャインのほうが笑えてすきかな
でもお母さんをみつけるシーンはすごくいいなあ。あと、片腕の模型屋さんがとてもかっこいい

のらみみ

評価:
原 一雄
小学館
¥ 590
(2003-11-29)
コメント:おもしろせつない

のらみみを読んだ
昔雑誌で読んでいたけど、おもしろいなー
ドラえもんみたいにおうちに居候する、キャラクターを斡旋するキャラ紹介所のまんが
のらみみくんは人気がなくてなかなか居候できない

いろいろなキャラがでてくるけど、ドッタリくんてキャラがいい
ドッタリくんだいすき
ドッタリくんはなんでもすぐ忘れちゃうちょっとばかなこだ
ドッタリくんの話、また読んで泣いてしまった

アニメみてみたい

ザ・フォール

ザ・フォール
落下の王国をみた

病院で女の子に男が壮大な作り話をするはなし
世界遺産を撮りまくったらしく映像がきれい
ハイビジョンとかブルーレイとかそういうやつでみたら美しさがもっと感動的なんだろうなと思った
女の子がいじらしくてかわいかった
でも最後のほうちょっと長いかな
殺人とかおおいと疲れる

破滅の石だたみ

評価:
町田 康
角川春樹事務所
¥ 1,575
(2008-06)

町田康の破滅の石だたみを読んだ
エッセイだ

オールタイムベスト本みたいのを挙げていたのでメモったりしてみた

小学生のときに繰り返し三島由紀夫の憂国を読んでいたと書かれていた
そんな小学生嫌だ

同じスパゲティを三年間毎日食べ続けた話は「宿屋めぐり」にもでてきた
ほんとなのかな
すごいな

ブランキージェットシティの浅井さんの世界観と村上春樹の世界観は通じるものがあるというようなことが書かれていた
ブランキーはあんまり聴いたことがなかったな〜
聴いてみようかな
でも声が苦手

町田さんは本当に本が好きなんだなーと思った

読書で脳が沸騰すると書かれていた
私も宿屋めぐり読んで脳が沸騰した
楽しかった
よかった

やまねの今読んでる本
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
                
sponsored links
search this site.
others
                にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM